プロフィール

那珂川仁美

Hitomi Nakagawa
生年月日
4月4日
血液型
O型
出身地
福岡県 那珂川町
身長
158cm
趣味
料理
特技
パラパラ

「やっぱ演歌が好きっちゃん。」
新世代の博多演歌歌手 那珂川仁美
幼児期より左官業の父の影響で連れられたスナックで演歌をよく聞き、自然と覚え歌うようになる。高校に進学しパラパラを踊るギャル(エイベックス主催コンテスト全国2位)
に夢中になりつつも、好きな演歌は常に歌い続け、平成18年4月に福岡、中洲で開催された「中洲歌姫コンテスト」に出場しグランプリ受賞。仕事をしながらも夢をあきらめずに演歌を色々な場所で歌い続けていたところ、 ジェロ「えいさ」などを担当する作曲家山本健太郎にたまたま帰郷していた福岡で出会う。すぐにその素質を認められ一緒に曲作りを始め、「福岡から地元の人に愛される、全国区の演歌歌手に!」という想いを胸に2010年10月18日「恋し住吉橋/結い花」にてCDデビュー(宝石のゆきざきCMタイアップ)。10000枚のCDを「流し」のスタイルで自らお届けする偉業に挑戦し、翌年に見事達成する。流しは現在でも福岡県を中心に続けている。また、動画サイトGyaO!にて配信された那珂川仁美のPVがYahoo!動画コンテンツトピックスに取り上げられ、2日で10万アクセス以上を獲得、音楽ジャンルランキングで1位を獲得。ボートレース福岡のキャラクター「ペラ坊くん」のイメージソング「ペラ坊サンバ/ペラ坊音頭」も務める、等。名実共に福岡から全国で愛される歌手として成長している。